自然もほどほどに
今日の午前4時のことですが...。

眠りながらも、外の鳥がうるさいな、でも負けるもんか、と
意地になって寝続けていました。

それなのに、ジュリアパパがジュリアの部屋に行って
ガチャン と、ケージを開ける音が。
同時にすごい勢いで走ってくる音がして
ボン!!とベッドにジュリアがジャンプして
人の顔をベロベロなめようとします。

やーめーてー。

こんな時間にジュリアを出さないでよって言ったら
だってクーンクーンって泣いてるんだもんって。

目が覚めてくると、いよいよ外で鳴いてる鳥の声がはっきり聞こえてきます。
ピイ!ピイピイピイ、ピイイイィ!!!ピイッピイッピイッ!!
むきになったように、1羽の鳥がこんな時間から鳴き続けてるのです。

うちは緑道に面していて、それは気持ちがよくていいことなのですが。
a0045793_15371952.jpg

寝室側のベランダからの眺め


ただとても木がこんもり茂っている地帯なので
鳥の量がすごいのです。
夕方近くになると、ここはジャングル??というくらい
さまざまな鳥が鳴き交わす声がうるさく聞こえます。

夕方ならまだいいけど。今は午前4時だよ...。
数日前もあの鳥は鳴いていたような。
息つぎする間もないんじゃないかっていうくらいずーーっと鳴いてます。
ジュリアパパも切れそうになってて
「うるさい!!いつかあいつを焼き鳥にしてくってやるっ!!
あんなピイピイ泣きわめいてるようなやつは、うまくないだろうけどねっ!!」
午前4時にしては、冴えたジョークを言います。

私もうんざりしてきて
「これ、人間が騒いでるんだったら、警察だよね」
ジュリアパパ勢いづいて
「警察に鳥がうるさいって電話するか!民事だから介入しませんっていわれるか!」
午前4時、絶口調のジュリアパパ。

a0045793_15381478.jpg

テンピュールの枕が好きなうちの犬


ジュリアも鳥がうるさいから、起きちゃったのかもね、って話してたら
ジュリアはベッドからリビングに走ってゆき。
「え....」って嫌な予感がしてたら
しばらくして、シャーッシャーッとラグを後ろ足で掻いて砂かけの振りをする
いつもの音が。
なんで午前4時にトイレ(しかも大のほう) するんでしょうか...。
※ジュリアはトイレシートに大をした後、ラグに移動して砂かけ(の振り)をするのです
 ちなみに外での小の場合、極力足を上げて高い位置を狙うオスっぽいとこもあいかわらず

うちの周りの生き物たちは、自由に生きすぎてる気がしてなりませんでした。
a0045793_15394240.jpg

「アタシはパパと寝られてよかったけどね!!」 


野生味あふれるのもいいけど、ほどほどにね。
[PR]
by cavalier-giulia | 2009-06-25 15:50 |
<< 黒毛和牛を知ったジュリア フェネックキツネに憧れる >>