パパのいぬ間に...
a0045793_13542527.jpg

「ママとジュリアしか、家にいないわね...」 


パパとママとの、のんびりライフを謳歌してるジュリアさんですが
私のことは、パパより格下に見ています。
顕著なのが、お昼を終わって、パパが会社に帰ったあと。

それまで大人しく、「ちょっと眠いのよね、アタシ」っていう気だるいキャバリアを
演出していたくせに
(「眠いから失礼~」って言って、パパを見送りもしないことも)
パパいなくなった!!と、思うと豹変します。

私が寝室のPCに向かってジュリアを無視していようものなら
「ワン!」と、私に向かって一言吼えて、注意をひきつけておいてから
カウンターの上にある、ご褒美用のチーズに向かって飛び上がります。

a0045793_13572931.jpg

「そおれ!いくわよおっ!」

a0045793_1358448.jpg

「せーのっ!!」

a0045793_13585431.jpg

「てぃっ!!」 (ジャンプ)


なんなの!!あなたは!!

a0045793_140317.jpg

「アハハ!ママ、よくみておきなさいよ」

a0045793_1414849.jpg

「てぇい!!」 (ジャンプ)

a0045793_1425363.jpg

「てえぇい!!」 (ジャンプ)


もう、ほとんどチーズに届いてるような...。
ものすごい跳躍力です。

「私が見てる」 っていうのが重要らしく。
なによりも寂しがりなので、間にあるドアを閉めて
「もう知りません。ご勝手に!!」ってさよならしてみせると
あせって飛んできます。

a0045793_1495087.jpg

「ママ、怒ったの??」


怒ってないよ。ジュリアにあきれてるの。

チーズがなくても、「なんかないかな?!」って飛んでるので
たぶんこれはジュリアにとって 「娯楽」 のようなものなのでしょう。
そのエネルギーを、もっと有効利用できたらいいんだけどねえ。
[PR]
by cavalier-giulia | 2009-05-28 14:29 |
<< バイバイ、デルソル 落合シェフのカルボナーラ >>