ベンジャミン・バトンみました
バレンタインの日、毎月14日はTOHOシネマが1000円なので
観たかったベンジャミン・バトンをみに行ってきました。

a0045793_15481126.jpg

ポップコーン ハーフ&ハーフ に出来るのですね!
塩味とキャラメル味でバランスよく


3時間近くある映画なので、長いかな?って思っていましたが
あっという間でした。
80歳の体で生まれた赤ちゃんが、年をとるにつれ若返っていくという話。
ブラッド・ピットが、とてもよかったです。
リバーランズスルーイットの頃の美しさになっていって
今の本当のブラピの顔ってどんなだったっけ?って
分からなくなっちゃうくらいです。

お話もよくできていて、次はどうなるの? と、先をどんどん読んでいきたくなる
本のようでした。
スコットフィッツジェラルドが原作だからですね。

みおわった時の気持ちは、フォレストガンプを観た時のような気分。
とかくひとは自分と違ったものを排除しようとすることが多いもの。
しわしわで生まれた主人公がいじめられる話が多かったら嫌だな、と思っていたのですが
そういうことはなくって、ちゃんとその時々に支えてくれる人がいて
そしてなによりブラピ演じる主人公の純粋で穏やかな眼差しがよかったです。

1週間後に発表されるアカデミー賞にたくさんノミネートされていますが、
とれたらいいねーって思います。
おすすめの映画でした。

a0045793_1611741.jpg

「ジュリアもポップコーン食べ放題したかったよう!!」

[PR]
by cavalier-giulia | 2009-02-16 16:08 | その他
<< 大倉山梅園 チョコレイトディスコ >>