まろん君と、リゾートデート
GW後半の4連休、また八ヶ岳におりました。

4月中旬の前回の滞在では、まだ山は冬の眠りについているようで
開いていないお店が多く、人もまばらでしたが
GWになって、一気に動き始めた空気です。

どこに行っても、この時期は混んでしまうので
家でダラっとしてることが多かったです。

a0045793_1394589.jpg

これは八ヶ岳倶楽部にて。
犬と雑木林をお散歩したりレストランでごはんを食べたりできます。
柳生博さんの作った、芸術家村のような場所で
私達が行ったときも
柳生博さん息子の真吾さんお二人ともいて、お客さんたちと気軽に会話していました。

私にとって柳生さんといえば、NHK「生き物地球紀行」の語り。
八ヶ岳で自然と共に生きられるライフスタイル、素敵です。

割と地味な滞在だったのですが、
スペシャルな時間もありました☆

そのユニークな言動から、常に目が離せない
ルビーのハンサム王子、まろん君が、この地に降臨されるとのこと。
まろまろさんに、リゾナーレに寄る予定って教えて頂いていたので、
ジュリア家一同尻尾を振って小淵沢に向かいました。

a0045793_13182021.jpg

まろんパパさんに撫でてもらいご機嫌なジュリアと、
「ワナにはまった!!聞いてないよ!!」な雰囲気のまろんくん

まろんくんと会うのは3回目です。
仲町台で割といい雰囲気だったこともある2匹。
(ママの思い込みか?)
嬉しい再会になりました♪

今はリゾナーレがとても美しい季節。
a0045793_13221395.jpg

花びらでフロアを飾ったフラワーカーペットも敷き詰められ
ここで写真を撮ったら、絵になること間違いなしなのです。

しかし、そんなこといっても聞いてくれないのが犬たち。
a0045793_1325395.jpg

不必要にヘラヘラするジュリアと、「隣は断固拒否したい所存」が明確なまろんくん


でもね、ふたりは仲が良くないわけじゃないのです。
a0045793_13285128.jpg

ジュリアもヘタレなとこあるし、お互いにそっと寄り添うのです

a0045793_13312864.jpg

私、まろんちゃんの気持ちがこもった目がとても好き。
目は口ほどにものをいい、、言葉を超えた思いが愛しいです。
まろんちゃんかわいーー!(どうしても、くんからちゃんになっちゃうジュリアママ)

まろんファミリーは、旅路の途中で、ここから先、白樺湖へ向かわれるのですが
Dog's goods easy さんにも寄りたいということで
ご一緒しました。

母の日のプレゼントにちょうどいいのがあったので購入~。
きてよかったです。
そしてお店のドッグランでちょっと遊びました。
a0045793_1342383.jpg


最初は敵陣を探る斥候の役目を果たしていたまろん上等兵ですが
a0045793_1344228.jpg

「油断大敵!状況把握これ至上の命なり」

a0045793_1494064.jpg

「ぎゃぽーん♪ カシキリカシキリ!!」


「まろんー」「まろん!!」「ま゛ろん!!!」と、投降を呼びかける
パパとママの声にも誘われて、
(まろまろさんの声が変わっていく様子、おかしかったです!)
走りはじめます。
a0045793_14153817.jpg

パパが行くとこに、ボクも走る!

a0045793_14194242.jpg

目の色で全部伝わる、通じてるのは言わなくてもわかる


まろまろさんって、天然な笑いを誘ってくれる
すごく楽しい方だと思いますが、
まろんパパさんもとても優しいですねえ。
ちょっと「家族には遠慮なく言うよ!」な、雰囲気もあるけど
見てると、わんちゃんに対してもまろまろさんに対しても
同じ目線になってちゃんと見てるなあって。

a0045793_14255240.jpg

「今日のキミとの遊び、終了ね!」の、まろんくん。
撤収のサインはベンチへGo!で、潔くて素敵です。

a0045793_14274912.jpg

ジュリア : 「ねえねえ、運命って信じる?」
まろんくん : 「ないよ!キミとの間にはなんにもない!!」


お互いの記憶が、どこかに残っていて
また今度会ったときに、思い出せるといいねえ。

いつもまろまろさんの周りには、
楽しいことがたくさんざわめいているし、
きっとすごく楽しい旅路になったことと思います~。
先を急いだほうがいい旅のはじめに、お引き留めしてしまいましたが
会ってくださって、どうもありがとうございました!

a0045793_14293238.jpg

「まろんちゃん、どうもありがとうね!!」

[PR]
by cavalier-giulia | 2008-05-06 14:42 |
<< インディちゃんとジョアンちゃんと♪ 新横ぶらぶらと夢のようなしあわせ >>