清里お泊りオフ会⑪ ~番外編1 次の日~
ちょこママさんやまさん、が、次々とオフ会ブログをフィニッシュさせていく中、
誰もいない1本道をひた走る「孤独な長距離ランナー」の様相を呈してきた
ジュリアブログです。

給食が食べ終わらないでいるうちに、みんなが掃除を始めちゃった
トロイ小学生的な焦りも含みつつ...。
今日で、終わります。
終わるはず(焦燥)。

この後、本編が1つと番外編が2つあるのですが、(まだそんなにあるのか!!)
コメント欄は、本編の最後に付けた方がいいよな、と、
先に番外編を書くことにします。
(もう無茶苦茶。)

皆は、5日の夕方、帰路に着きましたが、うちは7日まで滞在する予定でした。
6日の朝、2人と1匹に戻って、12時間近く爆睡してしまった後、目覚めると、
a0045793_10192146.jpg

外は一面の雪景色に!!
前夜の天気予報で雪が降るって言っていましたが、
まさかこんなに世界が変わっているとは~!
a0045793_10212958.jpg

しんしんと、雪が降り続いていきます。
白銀の世界、綺麗です。
八ヶ岳は例年、年末までは寒いだけで積雪は少なく
年が明けてから降ります。
皆にも見せてあげたかった綺麗さだけど、こうなっちゃうと
身動きが取れなくなるから、ひきこもるしかなくて、
やっぱり晴れていてくれたのがベストだと思います。
a0045793_10241741.jpg

車にもだいぶ積もってきていました。
今回、マンションの管理人さんが急遽入院してしまっていて
雪が降ってきたら、中の駐車場から動かせるうちに外の駐車場に
移動して!とか、指示が入るのですが、それもなく
自分でもしものときも対応しなければ、という緊張感が。

以前、雪がないと聞いて、ノーマルタイヤで来てしまい、
その後、除雪車が入らないといけない大雪になって、動けなくなり
不安がピークに達したことがあったので、臨戦モードに切り替わります。
この後、雨になってきて、そうなると夜は-10℃近くなるこの辺り。
翌朝シャーベット状に凍結してスタッドレスといえど、危険なこと必至なので、
急いで荷物をまとめて帰ることにしました。
置いていかれたくないジュリアも必死です。

a0045793_10331679.jpg

ジュリア:「パパ、車、動かないの?!ジュリア、押すわよ!!」
パパ:「だ、大丈夫だよジュリア...(ジュリアが押したくらいじゃ動かないし!)」
a0045793_10343458.jpg

パパ:「ジュリアには、やってもらいたい事が別にあるからね」
ジュリア:「えっ?!あ...分かったわ、例のヤツね!!」
a0045793_10361030.jpg

ジュリア:「パパ、こっちよ!ついて来て頂戴!」
a0045793_10371082.jpg

ジュリア:「ふいーっ。ジュリアのしなきゃいけないこと、チッコね。
 あっ!ママ、何撮ってるのよ!プライバシー侵害よ!!」

人間がバタバタと慌てて荷物をまとめたりしていても、
犬が出発前にやっておかないといけないことなんて、
ひとつくらいしかないっていうの、なかなか気楽でいいですよね。
a0045793_10393849.jpg

そんなわけで、6日の午後4時過ぎ、ジュリア家も帰路に着いたのでした。
[PR]
by cavalier-giulia | 2007-01-10 10:54 |
<< 清里お泊りオフ会⑫ ~番外編2... 清里お泊りオフ会⑩ ~リゾナーレ~ >>