身についたもの
この間、お散歩中に、ジュリアと同じくらいの年頃のトライのキャバちゃんに会いました。
(ジュリア1才ちょうどで、その子は1才2ヶ月)
しかし並んでみると、その子はキャバらしい優しい雰囲気なのに
ジュリアはどうも、ガツガツした雰囲気です。

おびえるトライの子に対して、積極的な「友達になってほしいんですアピール」を
していたのもよくないのですが、シルエットが違うんですよね。
ジュリアは女の子を感じさせない、体つき。
「そりゃ、アレだけ毎日散歩しては家の中で走り回って、
食べるものはささみとかでしょ?一番トレーニングになってるよ!」
と、トレーニングマニアでもあるジュリアパパは断言しています。

そうねー、ジュリアさん、ムキムキなのかもね?
ちょっと体脂肪でも計ってみようか?
a0045793_1022287.jpg

「ママ、きっと驚くわよ」

妙に自信ありげな表情をします。

それでは...、と
抱っこして体重計に載ってみました。
まず、体重は...、
(ママ+ジュリア)-ママ=6.2キロ かー、
この間は6キロちょうどだったから、少し増えたね。
でも夏前は、6.3くらいあったような気もするしね。

そして、体脂肪は...、
(ママ+ジュリア)-ママ=7.6 !!

ジュリアは体脂肪、7.6% なんだね!
それって犬としてどうなんだろうね?
それからよく考えてみると、これは単純に引くんじゃなくて
平均値とかを出さないといけないのかな...。
えっ!そしたら、ママだけのときより多いから
ジュリア、すごい体脂肪ってこと?!
a0045793_10285791.jpg

「ママ、ない頭で、考えすぎないほうがいいわよ~」


計ったはいいものの、よく分からなくなってきているジュリアママです。

そうそう、先日、私がパソコンしていると、ジュリアがトイレしたよって
報告に来ると書きましたよね。
こちら
それが、最近、ジュリアが嘘をついているようなのです。

今さっきも、リビングでトイレの上をクルクル歩き回る
「カタカタカタカタ」いう音がして、しばらくしてから、
ドアの向こうから、
a0045793_1032236.jpg

「トイレ、したよ...」

と、ジュリアが視線を送ってきました。

「ああ、またしたのね」と、席を立って、リビングに行ったところ、
a0045793_10334184.jpg

......。
してないのです。
でも、しっかり、したフリをして、ご褒美をおねだりしているという!
ジュリアのトイレ、大きいのを使っているので
少しずつマメにトイレをするジュリアということもあり、
2、3回分くらいは同じシートにさせているのです。
この間も、「したよ!」っていうからついていって、
トイレの跡があったので、「ああ、よく出来たね」ってジャーキーをあげてから
あれ!そういえば、さっきまでもあの跡はあったような?と
嫌な予感がして、トイレシートをよく見たところ、
そのおしっこはカサカサでした。
だいぶ前にしたのを利用して、またおやつを手に入れているー!

a0045793_10373517.jpg

「ママの脳のトレーニングしてあげてるのよ」


悪びれる様子もありません。
「トイレしたよ!」って言いにくるジュリア。
「オオカミが来た!」「今度はほんとに来た!」と、嘘を言いふらしているうちに
信用されなくなってしまった少年を彷彿とさせます。
ジュリアさん、嘘はいけませんよ、嘘は!!

増えた体重の分、身についたものは、悪知恵だったのかもしれません...。

」」」」」」」 omakenoakari 」」」」」」」
気をとりなおして、あかりです。
また載せてみます。
これは、ダイニングテーブルの上に吊るしているペンダントです。
<Ph5ランプ> デザイナー:ポール・ヘニングセン 
メーカー:ルイス・ポールセン(デンマーク)
a0045793_105228.jpg

この特徴のある形、見たことある、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
北欧インテリアを代表するような照明ですね。
この形状ってデザインを重視してるのかと思いきや、
光がよりむらなくテーブルの上に広がるように計算されて作られているのです。
中の板が赤と青に塗られている部分があって、
それで色味を調節して、より食べ物が綺麗に見えるようにもされています。
私が一番好きなあかりです。
テーブルに吊っているところは、こんな感じです。
a0045793_1055317.jpg

ご覧のように、光が基本的に下にしかいかない照明なので
他の全体照明がある中で、テーブルの上に吊るのが
やはり本来の目的に合っていいと思います。
こういう感じのダイニングの上のペンダントの場合、
テーブルの上、60~80cmくらいに吊るのが、光が目に直接入らず
綺麗に見えると言われていたりもします。
冬が長くて家にいる時間が長い北欧のインテリアはやっぱり上質で、
いろいろ集めたくなってしまうものですね。
[PR]
by cavalier-giulia | 2006-09-06 11:00 |
<< ジュリアの巡業 宮が瀬へ >>