お散歩する時
台風が来ているみたいで、強い雨が降ったりしていますね。
かと思うと、なんとなく止んだり。
洗濯物を入れたり出したりしています。
洗濯機や浴室に乾燥機能は付いているものの
洗濯機の乾燥は「たまに」しか、浴室乾燥は「全く」使っていません。
前に中綿入りのジャンパーが乾かなくて
浴室乾燥で干してみたら、残り湯があったせいか、
むわっとする変なにおいのジャンパーになってしまったので
それ以来、「換気」「冷・暖風」しか使っていません。
やっぱり洗濯物はピカピカのお日様の下でカラッと乾かすのが一番ですねー。

雨が降っていないので、ジュリアを散歩に連れて行きました。
ジュリアさん、お散歩行く?
a0045793_1583610.jpg

「あたぼうよ!」

ノリの良さが身上のジュリアさんです。
マンションの周りの緑道をテクテク歩きます。
a0045793_15111840.jpg

このくらい地面が濡れちゃってる方が、半端に所々ぬかるんでいるより
後で足を拭いたとき泥がついてなくて拭きやすいんですよね。

ジュリアの夜の散歩をしばらくジュリアパパがしてくれていましたが、
ジュリアにう○ちをさせたいな、という時は、
「レ○サスの裏に連れて行くと、大抵する!」という発見が。
ト○タさん、すみませんねえ、うちの犬、遠慮がなくて。
もっともジュリアは、トイレを家でするか、外でするかにはこだわっていないらしく
家でも思い立つとバンバンしています。
少し頻尿の気があるようで、パパに似たのかもね。

a0045793_15173515.jpg

「どうしよっかなあ...」

そして、同じく散歩によく連れて行ってくれた実家の母によると、
「ジュリアはアスファルトの道を歩くと怯え気味で、土の道だとすごく元気」
「犬がいると寄っていきたがる犬好きだけど、人間には警戒している」
とのこと。
これってどうなんでしょう。人里離れた山奥(うち)で暮らすうちに
都会的なものに馴染めなくなっているのか。
「オオカミと暮らしていた少女の話」とか、
「戦争が終わったのに気づかず山奥で暮らし続けた兵士の話」とか、
よぎってしまうんですけど。
a0045793_15225323.jpg

「ママ、変なこと考えなくていいから、おうち帰ろう」

散歩の引き際もあっさりしているジュリアです。
自分以外の人に散歩してもらうと、それはそれで、気づかされることがあるものですね。
[PR]
by cavalier-giulia | 2006-08-09 15:27 |
<< 消えたパンダボール ジュリア参上 >>