フィラリアのお薬
GWが過ぎた頃に、フィラリアの薬をもらいに来て下さいね、と
動物病院で言われていたので、昨日行ってきました。
実家のかのんとハリーと一緒です。

ハリー(13歳オカマビーグル)は動物病院が死ぬほどキライです。
「あっ!こっちの方向は!!」と気づくと
引き返そうと必死でUターンするのです。
しかし、昨日は子分を2匹連れていたので
(かのん=1歳女の子シーズー、ジュリア=8ヶ月女の子キャバ)
なんとなく引き返しづらかったようで、病院に到着してしまいました。

入った途端、「帰る!」と猛抵抗を始めましたが、
「じゃあハリーちゃんから」と、あっさり抱えられてしまい撃沈です。
ハリーは15.6kgもあるのに、しかも抱っこがキライなのに
抱えられた先生は偉い!と感心してしまいました。

ハリーが前に行っていた病院の先生は、
台にあげるところまで飼い主がしないといけなかったので
母は大変だったみたいです。

ハリーは時間をかけて耳掃除も徹底的にしてもらったのですが、
怖くてよだれをダラダラ垂らしてしまったらしく、
後で濡れているのに気づいた母が、「おしっこしちゃったのかと思った」
ほど、だったようです。
ハリー先輩、がんばってね。

ジュリアは大人しくしていました。
ハリーが怖がりすぎるから、拍子抜けしちゃったのかも。
体重がしばらく5.7kgで固定だったのですが6kgになりました。
見た目細いのですが、質量が高いのです...。
フィラリアの検査もOKで、薬をもらうことにしました。
錠剤とジャーキータイプと選べて同じ値段ということで
迷わずジャーキーにしました(笑)。

これがお薬です。
a0045793_1321436.jpg

帰ってきてからさっそくあげました。
うまうま!!で、一気に食べてしまいました。

a0045793_13232274.jpg

「1日1個でもいいんだけど?」


1ヶ月に1個ですから!
今回は2か月分もらいました。
1年分でも1ヶ月でも構わないらしいのですが、
病院に行かないと相変わらず肛門腺絞りができないので
(今回もいっぱい出ました!)
用事を作るために2ヶ月に1度です。

今回は、
診察費 525円(耳掃除・爪きり・肛門腺絞りつき)
フィラリア検査 1575円
予防薬 1470円×2
で、5千円でした。

フロントラインはジョアンママさんのとこで、話題になってるのを
拝見してたので、迷うなあと思っていましたが
特に薦められなかったので、今回はもらいませんでした。
ハリーとかのんは母が希望したのでもらっていて、
プレゼントのランチョンマットを1枚私がもらってしまいました。
(どこまでも要領のいい娘)

ところで、天気が悪くなってきましたね。
土曜日の予報も雨の確立が高まっているようで
運動会、できるかな?と、心配です。
そういえば、2年前の5月20日の結婚式も季節外れの台風でした。
小淵沢だったので、親戚だけしか呼びませんでしたが、
式場のメインがその春に完成した卵型ドームが最後に開く、
という演出で、小雨になって、なんとか開いたものの
その後のガーデンパーティーは雨でできず、でした。
いざというときに雨を降らせるなんて
ジュリアパパ、晴れ男って豪語していたはずなのに?

怪しい雲行きです...。
[PR]
by cavalier-giulia | 2006-05-17 13:46 |
<< 予行演習 ライフカード >>