ジュリアステーションポータブル
さて、今までうちにはジュリアを入れるバッグがありませんでした。
でも、おまめさんのとこのchebちゃんがバッグに入っていたり、
ジョアンママさんのとこのジョアンちゃんもバッグでお出かけしていたのを見て
やっぱり、いいかもって思っていました。

そしたらちょうどいいきっかけができました。
今までうちには自転車が1台しかなかったのですが、
(主人のマウンテンバイクで運動神経皆無の私は乗れない...)、
先週、抽選でマンションの駐輪場がもう1台分、ようやく当たったのです。
倍率10倍の激戦。あみだで当たりを引き当てた主人、
「引きが強い」らしく、B'zのチケット販売も当たりました。
(でも、年末ジャンボは外れたけど...)

しかし、自転車の抽選の時は、管理人さんが「じゃあ、行きますよ」
って言って、
線をくねくねたどり始めている最中、まだ、皆がじっと見つめているのに、
あみだの先を目で素早く読んで
「やった!当たった!」
と叫んだので
私は恥ずかしくて、「まだわかんないでしょ!」と、たしなめました。
申し訳ない気分で、「すみませんでした」と、最後頭を下げておきました。
うちの旦那さん、私より6才上のハズなんですけど...。
なんでこうなんでしょう。しかし、当ててくれて感謝です。

そして、念願の自転車を買ってもらいました♪
これで、2人でサイクリングもできます。
そしたら、やっぱりジュリアも乗せたい!
いろいろ考えましたが、バッグに入れて、かごに入れるのが
一番安全そうです。

さささ、ジュリアさん、バッグに入りましょうね。
先日かのんのリュックで試したのですが、
バッグの上から入れようとしても、
カンガルーばりに鋭いキックで、蹴って蹴って
全然入る気配がなかったのです。
仕方ないので、自分から入ってくれる?という希望的観測は
捨てることにして、荒業を使いました。

バッグの中にフードをバラバラッとばらまきます。
案の定、食いついてきました。
a0045793_17441136.jpg

「ハグハグハグ!!おいちーじゃないっ!」


素早く後ろ足を持ち上げてバッグに押し込め
チャックをマッハの速さで閉めます。
ほとんど、です...。

a0045793_1745486.jpg

「ママッ!!どういうことよっ!!」


追加のフードを素早く、送り込みつつ、
「ジュリアっち、かわいいー!すごーい!」と誉めまくります。
ママも大変だよ。

a0045793_17474199.jpg

なんとか完成。ふー。

a0045793_174885.jpg

「ママ、動物虐待って言葉知ってる?」


走り出してみたら、最初ガサガサ引っかいていましたが、
目の前に私のお尻が見えるので安心したらしく、
しばらくしたらおとなしくなりました。
自転車って久しぶりに乗るととっても気持ちがいいです。
電動なので、上り坂もラクラクです。
これはサンヨーのですが、平坦な道や下りで自分で充電してくれるのです。
ヤマハのほど高くないし、これは便利な乗り物です。
うちのあたりは坂が多いので、よく見たら、これに乗っている人が
結構いました。

さてひとっ走りして、実家へ。
今日はかのんの誕生日です。
a0045793_17594560.jpg

「あたし、1才になりました」

アロハな柄のポロシャツを着てなかなかご機嫌です。

かのんちゃん、おめでとう。
じゃあ、このBootsで昔おまけにもらった白クマあげるね。
だから同じ鶏年生まれのジュリアをこれからもよろしくね。
a0045793_182502.jpg

かのん  「1歳からは、割増料金もらうわよ~」
ジュリア  「ジュリアにも何かちょうだいよ」

だめですよ。ジュリアはバッグの中で、おやついっぱい食べたでしょう!
[PR]
by cavalier-giulia | 2006-04-26 18:15 |
<< ちょっと待っててね レッツフレッツ >>